2017年6月26日

個々のPCを繋いで小児がん治療薬を開発する取り組み


空いたスマホやパソコンで小児がん治療薬開発へ:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK2H4FQ3K2HUBQU017.html

米IBM、ボランティアの計算資源で小児がんの新たな治療薬探索を支援するプロジェクト - クラウド Watch
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1041520.html

World Community Grid - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/World_Community_Grid

IBM 社会貢献 ワールド・コミュニティー・グリッド - Japan
https://www.ibm.com/ibm/responsibility/jp-ja/initiatives/wcg/

Smash Childhood Cancerプロジェクト~(小児がんと闘う子供たちへのITでの支援)※PDF
http://www.koseikan.jp/about/information/pdf/ibm2017.pdf

待機状態のPCを利用して小児がんの治療薬開発をする取り組み

2017年6月22日

若年者エクソソームで血液のガン抑制効果

プレスリリース※PDF
http://www.tokyo-med.ac.jp/170616Press.pdf

東京医科大学、エクソソームを「若返えらせる」ことにより血液のがんを抑制 | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2017/06/20/128/
エクソソームとは細胞が分泌する細胞外小胞の一種で、その中にタンパク質、DNA、RNA、マイクロRNAなどの遺伝情報が内包されており、エクソソームが移動することよって、細胞同士のコミュニケーションが行われている。

高齢者エクソソームにこれらのマイクロRNA類似体(miR-411, miR-374a, miR-340, miR-365など)を直接導入し「エクソソームの若返り」を試みたところ、導入するマイクロRNAによっては若年者エクソソームと同程度のがん抑制効果が得られることがわかった
エクソソームとmiRNA|東京医科大学 医学総合研究所 分子腫瘍研究部門
http://team.tokyo-med.ac.jp/ims_onc/research/report01.html

「エクソソーム中のマイクロRNAを介したがん転移機序の解明」―エクソソームを標的としたがん転移阻害への期待― | お知らせ | 国立研究開発法人日本医療研究開発機構
http://www.amed.go.jp/news/release_20161208.html

エクソソーム中のマイクロRNA(miR-1246)が、がん抑制遺伝子として知られているDENND2Dを制御するらしいです。

2017年6月6日

ガン転移を抑制する心臓ホルモンを解明

ANP 心房性ナトリウム利尿ペプチド ガン転移 予防


からだに優しいがん転移予防薬の実現に向けて-がんの信号を抑える心臓ホルモンのメカニズム解明- | 国立循環器病研究センター
http://www.ncvc.go.jp/pr/release/20170526_press_anp.html

がん転移を予防抑制するホルモン-副作用の少ない転移予防薬の実現に期待 | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2017/05/29/063/

がん転移抑制する仕組み解明 循環器病センター:日経
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG29H4I_Z20C17A5000000/
再発予防のメカニズムとして、ANP(心房性ナトリウム利尿ペプチド)が血管内皮細胞のEセレクチンという接着分子の発現を抑え、がん細胞が血管に接着するのを防ぎ、その結果、がんの再発を防いでいるという。
ANPはもともと体内にある物質なので安全性が高いとのことです。

2017年5月28日

がん患者が治療と仕事をどのように両立しているかについての大規模調査




国立がん研究センターは、がん患者が治療と仕事をどのように両立しているかについて、iPhoneアプリを使った大規模な実態調査を始めると発表しました。

みんなで取り組む研究アプリ「がんコル」説明動画(Youtube)
国立がんセンター、がん治療者の労働生産性を研究するアプリ「がんコル(QOL)(CNET)
働くがん患者、スマホアプリで調査 生活の質改善めざす(朝日デジタル)

がん患者に、その日の体調や勤務時間などを入力してもらうという。

質問は、毎日2分程度、6つの質問に回答すると毎日の体調を記録できる。さらに、毎週、2つの質問に回答すると週単位の労働状況を記録でき、4週ごとに9個の質問に回答すると、月単位の労働状況とパフォーマンスを記録できる。

参加希望者は性別や年齢、がんの種類、治療歴などを入力。動き回るのに問題は無いか、痛みや不安はどの程度か、働いた時間、自身の仕事のパフォーマンスへの評価などを選択していく。同じがんや同世代の人の平均的な活動度合いと比較することや、自身の治療内容をカレンダーに入力して日程管理に役立てることもできる。

質問に答えることで、アプリ参加者の同じような状態(同年代、同疾患など)の人のパフォーマンスが見られるしくみも入れ込んだ。

診断されてから治療を開始し、化学療法や支持緩和ケア、手術などを行う中で、仕事のパフォーマンスはどう変わるのかを調査したデータはまだ少ないので、これからガン生活を送る人にとっては参考になるツールになると思います。

2017年5月26日

超音波で乳がん検査

超音波 乳がん検査
痛くない乳がん検査開発 日立、20年の実用化めざす:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/DA3S12954476.html

【報ステ】“痛くない”乳がん検査…日立が新技術
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000101522.html

痛みのない乳がん検診 日立が新型検査装置:日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ24I0Y_U7A520C1TJ1000/

日立製作所,簡便・無痛・高精度な乳がん検診を実現する超音波計測技術を開発
http://www.innervision.co.jp/products/release/20170709

水の張った容器に乳房を入れ、全方向から超音波を当てるだけなので、痛みはなくさらにマンモグラフィー(X線撮影)と違い放射線被曝の恐れもありません。実用化に期待したいですね。

2017年4月30日

薬の副作用のデータベースが18年に整備される

薬の副作用、分析容易に 厚労省がデータベース、18年度稼働(日経)

薬の副作用データ、300万人規模で集積へ 厚労省(朝日)

医薬品副作用データベース利用規約(医薬品医療機器総合機構・PMDA)

データベース化の対象は、患者情報の電子化が進んでいる大学病院など全国23施設。同省が公募で選んだ。すでにある患者計300万人の病名や使用した医薬品の使用量と期間、服用後の症状などを集める。医薬品の審査や安全対策を担う独立行政法人「医薬品医療機器総合機構(PMDA)」が管理する。
副作用のデータベースって未整備だったんかーい(驚

2017年2月13日

膵臓がんを一滴の血液から発見する方法を開発

膵臓がんの低コストで迅速な超高感度検出 Nature Research
http://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/11614

千代の富士やジョブズを奪ったすい臓がん 一滴の血液でわかる画期的検査開発 : J-CASTヘルスケア
http://www.j-cast.com/healthcare/2017/02/09290065.html

微量血液で膵臓がん発見 米チームが開発:日経
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06HEQ_Y7A200C1000000/

膵臓がんは沈黙の臓器と呼ばれるほど早期のがんには症状が現れないため発見が難しく、今回の検査方法が実用化されたら、膵臓がんの早期発見により死亡率が下がりそうですね。

◆関連記事
がん診断時の進行度の割合